賃貸物件に入居するための契約

賃貸物件に入居するには、賃貸契約を結ばなければなりません。契約を交わすのは物件のオーナーもしくは管理会社と、借主です。契約者は通常入居する人と同じですが、入居者が未成年の場合などは、その親が契約者になります。未成年者が交わした契約は無効、との法律があるからですが、本人が契約者、親が連帯保証人になることもあります。親の同意書があれば、契約は有効です。 賃貸契約にはいろいろな書類が必要になります。仲介した不動産会社が事前に教えてくれるはずですので、忘れずに準備しておきましょう。必ず必要なのが住民票です。但し契約をする時点から3ヶ月以内、などとしていることが多いので、あまり早くに準備すると有効期限切れになりかねません。入居審査の間に準備するのがよろしいでしょう。他にも本人確認書類として運転免許証を用意しましょう。持っていない人は、パスポート、保険証など身分を証明できるものを準備します。連帯保証人の印鑑証明書等も必要になります。 契約が無事に終わると、鍵を受け取り、賃貸物件に入居できるようになります。鍵を受け取ると、いつでも出入りできる状態になりますので、たとえすぐには住まなくても、家賃が発生することになります。

Copyright ©All rights reserved.賃貸物件選びは条件の順位づけ.